働く人のキャリアに滋養を与え、育み、力強さをもたらし、躍動を創り出す。

【キャリアデザイン】仕事でしょう?

事例・実績

先日の相談。

短期の販売のお仕事に派遣で入職した40代女性。

就業早々に辞めると言う。

理由を聞いてみたら、

 

あれこれあれこれ細かいというか、うるさいんですよ!

そりゃあ店長は慣れていていいでしょうど、

私は販売歴も浅いし、この商品を触るのも初めてだし

できなくて当たり前じゃないですか⁉︎

試食をしてもらったら絶対買ってもらえ!なんて、ムリですよ!

派遣ですよ?

派遣で行っているのにそこまでさせるなんて、ひどくないですか?

 

雇った側に聞いてみた。

 

完璧なんか求めてないです。

一生懸命やってくれるかどうかなんです。

指示しても、教えても、

「経験少ないんで~」「やったことないんで~」

「店長みたいにはできません!」

それじゃあ、何のために来てもらってるか分からないじゃないですか?

ただ立ってるだけならいらないんですよ!

僕間違ってますか?

 

本来「派遣」とは、その仕事のスペシャリストでなければならないのだが、

現実は「人員の補充」であったり、「単純作業要員」であったり

間に合わせ感が強い。

法的整備は進んでいるが、現場が追いついておらず

雇う側、雇われる側の温度差は埋まらないことも多い。

 

どちらがどうということではない。

要は、仕事をする意識の問題だ。

 

スキルももちろん必要だが、人間力も問われる。

出来ないなり、不慣れななりの「一生懸命さ」が評価されるのだ。

雇う側も人間なのだから。

 

正社員カーストが蔓延して久しい。

派遣はとかく最下層位に扱われがちだ。

扱われる理由は複雑で根深いが、双方の意識改革も必要だ。

 

派遣だろうがパートだろうが、

自分がやると決めた仕事なら「精一杯やる」のが筋だと思うのだ。

今携わっている仕事を味方につけろ!

と研修で吠えまくっている私からすれば、

やったことがないからできなくて当たり前、なんて言語道断。

職場放棄と変わらない。

やったことがないからやってみる、できるだけのことをする

結果、自分に合うか合わないか

この先やるかやらないかは自分の責任だ。

お金をいただく以上は、引き受けたら精一杯やる。

たったこれだけだ。

仕事なのだから。

 

受け入れる方も然り。

派遣だろうがパートだろうが、

受け入れた以上は寄り添い育てていくのだ。

人間は物ではない。

入社した際のこの人のスキルが60/100なら、足りない部分は育成すればいい。

働く意思のある人を、戦力に育てる。活かす。

この育てる力量がない職場ほど離職率が高い。

出来ない言い訳を他者に振るくらいなら、目の前の人間を育ててみせろと言いたい。

 

だって仕事でしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA