働く人のキャリアに滋養を与え、育み、力強さをもたらし、躍動を創り出す。

【コラム】やりたいことは何ですか?

 

 

自分が何をやりたいのか、わかりません。

キッと、睨みつけるような眼で彼女は言った。

 

この次の言葉を全身で拒否しているように見えた。

 

40代後半。50歳目前。

それなりのキャリア形成はしてきたつもりだった。

 

学校を卒業後、就職。

結婚して退職するが、育児が落ち着いた頃に社会復帰。

一般事務職で今も就業しているが、

キャリアアップは望めない環境である。

子供の成人に伴い、ライフキャリアを考え始めた。

 

これという確かなものもなかったが、

手当たり次第に講座や研修に参加した。

お金と時間をかけて資格も取った。

そこから更に上級資格へもシフトした。

 

女性起業塾や経営塾にも足を運んだ。

名刺を作った。

HPを開設した。

SNSの発信も始めた。

 

幸い今の職場は業務に差し障りがなければ副業に寛容だった。

様々なイベントや催しに参加し、

法人会やメンバーシップコミュニティーに参加した。

人付き合いも増えた。

 

ところが、

やればやるほど自分がわからなくなった。

自分の仕事が何なのかを見失った。

 

異業種交流会で名刺交換の際に

「あなたの仕事は何ですか?」

と訊かれて言葉に詰まった。

自分は何者なのか?と突きつけられる思いがした。

 

何人かに相談もしたし、指摘も受けた。

皆、口を揃えて言った。

「あなたは何がやりたいの?」

泣き出しそうになった。

 

********************

 

わからない時はわからないと言えばいい。

まずは、わからない自分を受け入れることが大切だ。

 

ゆっくり、丁寧にライフキャリアを振り返り、

自分の来し方をなぞってみることも必要だろう。

 

今ないものに、いきなり答は見つけにくい。

けれど、何かをしたい、という思いがあるのなら、

その思いの源泉を探ることだ。

そこにきっと種が潜んでいる。

 

そして、ひとつひとつを検証していく過程には

見たくなかった自分や、

思い出したくなかった自分がいるのだが、

この自分たちと向き合わない限りは

わからない迷宮からの脱出は難しい。

 

そして大抵の場合、

この自分たちに出会いそうになる度、

自らの手で出会いの扉を閉めている。

 

自分自身の人生なのだ。

自分自身で責任を取るしかなく、

自分自身でしか変えて行くことはできない。

誰かが何かをしてくれるなどと言うことは、ないのである。

 

********************

 

泣いていいですよ。

そう言うと彼女の目から涙が溢れた。

涙の温度が気持ちを緩める。

 

彼女が鎧を脱いで素を見せてくれて初めて、

一歩前へ踏み出す背中に寄り添える。

 

********************

アンカーウーマン金澤では

キャリアデザインのお手伝いをしております。

お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA